渋谷を中心として城南エリアに104.9km(2020年現在・営業キロ)の路線網を持ち、東横線、田園都市線を軸に年間10億人以上(2020年3月末現在)を運ぶ東急電鉄。2020年12月21日、同社線で約20年ぶりに開業する新駅の駅名が発表された。

新駅は2022年度下期に開業予定の東急新横浜線の駅で、東急東横線の綱島駅から約100m東に新設される。発表された駅名は「新綱島」。2020年8月10日から9月6日にかけて、駅が設置される横浜市港北区内に在住・在職・在学の人を対象に駅名の公募を実施し、「新しい駅の新規性をわかりやすく表現する」といった理由から選定された。仮称としても用いられ、応募された駅名の中でも最も多かったこともあり、順当な駅名といえよう。

接続路線なしでも利用者の多い綱島

ところで、綱島という駅名は聞いたことがあっても場所を知らない人も少なくないだろう。ましてや地元住民以外で降りたことがある人は限られると思われる。一方で、知名度とは裏腹に綱島駅の乗降客数は1日当たり約10万3000人(2019年度実績)に達する。

綱島駅の西口。2020年3月の「エトモ綱島」開業で装いを新たにした(筆者撮影)

1日当たりの乗降客数が10万人を超える駅は東横線に7駅のみで、規模の大きな駅といえる。さらに、綱島駅には現状で東急東横線以外に乗り入れる鉄道路線はない。接続する鉄道路線がない駅でここまで乗降客数の多い駅は限られる。駅間の長いJR線の駅でもなければ自治体の中心駅でもない。

そんな綱島駅は渋谷から急行で約20分。東急東横線の優等列車は急行、通勤特急、特急とあるが、綱島駅にはそのうち急行しか停車しない。駅の所在地は横浜市港北区だが、同区役所は隣駅の大倉山駅近くにあり、区内のオフィス街は新横浜駅北側にある。綱島は、駅周辺に商店街があるほかは基本的に住宅地しかない。