年明け早々、「ジャック・マー失踪」というニュースが世界を駆け巡った。中国EC最大手アリババの創業者であるジャック・マー(馬雲)氏(56歳)が2カ月余り公の場に姿を現していないのを、中国当局がアリババへの締め付けを強めていることと結びつけ、イギリスのメディアが「行方不明」と報道したのだ。

だが当時、中国ではマー氏の消息はまったく話題になっていなかった。マー氏は2019年9月にアリババ会長を退いて以降、同年11月のアリババ香港上場セレモニーも欠席するなど、公的活動は減っており、SNSの投稿も、もともと少なかった。2020年春先から秋にかけては、コロナ禍の支援活動で姿を見せることが増えたものの、最近の沈黙を不自然と捉える声は出ていなかった。

中国人が今関心を持っているのはマー氏の所在よりも、その評価だ。アリババに逆風が吹き、次世代起業家が台頭する中、「ジャック・マー時代」をどう捉えるかについて論争が熱を帯びている。

世代交代の動き、当局との間の隙間風

2020年末から今に至るまで、中国では「ジャック・マー時代」がトレンドワードになっている。そこには3つの文脈がある。

まず、マー氏の“引退”だ。アリババ会長を退任した同氏は、2020年9月に取締役も退任。グループ会社の役職も順次退き、同年6月には“盟友”孫正義氏が率いるソフトバンクグループの社外取締役も退任した。

インターネット黎明期の1999年にアリババを創業し、GAFAと比べられるメガIT企業に育てたマー氏が経営の一線から離れるのは、文字どおり「ジャック・マー時代の終わり」と言える。

2つ目は、世代交代の動き。2020年6月、フォーブスのリアルタイムビリオネアランキングで、新興EC拼多多(Pinduoduo)の共同創業者、黄崢氏の資産額がマー氏を上回り、中国2位に浮上した(当時のトップはメッセージアプリ「WeChat(微信)」を運営するテンセントの馬化騰会長)。

2015年に創業した拼多多は、非都市部の中低所得者を取り込んで急成長、EC第三極としてアリババを脅かす。今年41歳になる黄崢氏はマー氏より一回り以上若い。マー氏はアントが上場すれば250億ドル以上資産が増えるとされていたが、それもかなわず、アリババ株も下落基調にある。2020年代は「ジャック・マー時代から黄崢時代へシフトする」との論調も出ている。