マー氏がアリババ会長を退任した2019年9月、「ジャック・マーが時代をつくった」と称える投稿がSNSなどで拡散した。その数日後、国営メディアの人民網はジャック・マー崇拝を諫めるかのように、「いわゆるジャック・マー時代は存在しない。時代の中にジャック・マーがいただけだ」と題し、次のような評論記事を掲載した。

若者までもが論争に参戦

「成功した企業家、企業は必ず偉大な時代背景を拠り所としている。十数億人の中国人の消費者意識が覚醒した時代が、マーと彼のビジネスの成功の基盤となった。時代を捉えた者だけがポテンシャルを最大限に発揮でき、ジャック・マー、馬化騰、イーロン・マスク、そして私たちのような一般人も例外ではない。成功者を盲目的に崇拝するのではなく、時代背景を冷静に認識するべきだ」

アリババへの逆風が強まり、マー氏が沈黙を続ける中で、国営メディアから10代の若者までが「ジャック・マーと中国史」を巡る論争に参戦している。

いずれにせよ、経営の一線から退いたにもかかわらず、2カ月発信しないことで世界的ニュースになる起業家がどれほどいるだろうか。その事実をもってしても、彼が当代を代表する経営者の1人であることは、疑いの余地がない。

著者:浦上 早苗