少子化、モンスターペアレント、コンビニ受診――。

小児医療の現場には今、難しい社会問題が山積している。医師をはじめとする医療従事者たちは、患者である子どもたちの心にじっくり寄り添いたいと願う一方、「もしも」の大病を見落とさないようにもしなければならない。

そんな、子どもが好きなだけでは戦えないハードな現場で働く小児科医、鈴懸真心(すずかけまこ)。穏やかな笑顔の真心が直面する想定外の日々とはーー。

子どもたちと、その家族に寄り添う小児科医の物語。『プラタナスの実』(小学館)より抜粋してご紹介します。

点数だけが全てじゃない。

©東元俊哉/小学館