スバル「フォレスター」といえば、初代でターボエンジンを採用し、その後の歴代モデルでもターボ車を設定してきた大人気SUVだ。しかし、2018年に登場した5代目にあたる現行モデルでターボエンジンが廃止。2リッター自然吸気エンジン+モーターのハイブリッド「e-BOXER」と、2.5リッター自然吸気エンジンというラインナップとなり、ターボモデルが姿を消した。

そして、2020年10月22日のマイナーチェンジで新開発のターボエンジンを搭載したグレード「スポーツ」を追加。じつに2年ぶりにフォレスターにターボモデルが復活という嬉しいニュースが飛び込んできた。現行モデルがデビューした当時は、「ターボモデルの販売比率が落ちているため」という説明もあり、残念に思ったスバリストも多かっただろう。

しかし、そういった説明の裏では、しっかりとターボモデル追加も計画されていたのだ。そのあたりをスバルに聞いてみると、「もともとフォレスターにターボを搭載する計画はありました。新型レヴォーグに搭載したCB18型エンジンが完成したので、フォレスターでもターボモデルを復活させることができました」というコメントもあった。

とにかくフォレスターターボの復活は、待ちに待った朗報と言える。そこで今回の「ターザン山田がぶった斬る」は、第1回の「新型レヴォーグ」に続き、スバルの注目SUV「フォレスター」をプロレーシングドライバー“ターザン山田”こと山田英二がチェックする!

ファーストコンタクト ターザン山田×新型フォレスター

東洋経済オンライン編集部(以下、編):第1回の新型レヴォーグに続き、今回はスバルのフォレスターターボのチェックをお願いします! ちなみに今回山田さんに乗ってもらうのは、マイナーチェンジで新たに加わったターボモデル「フォレスター スポーツ」です。前回乗ってもらった新型レヴォーグとも比較しながら乗ってもらえると助かります!

今回試乗したフォレスター スポーツの価格は、328万9000円となる(東洋経済オンライン編集部撮影)

ターザン山田(以下、タ):じつはフォレスターって好きなクルマなんだよね! 昔、アメリカでスバルの契約ドライバーもしていたんだけど、そのときから好きな1台なんだ。アメリカで多く売れている大人気SUVでもあるし、今回のマイナーチェンジで新型1.8直噴ターボエンジンを搭載したんだよね。さらに専用開発のダンパーやコイルスプリングで走りもよさそうだし、スバルの4WD SUVがどれだけ進化したのか、走りも楽しめるのか、しっかり試走で確かめていくよ!