編:けっこう峠道を攻めてもらいましたが、総評としてどうでしたか?

タ:シートのホールド性能は、SUVにしてすごくよくできていると思うよ。ドライバビリティは、4WDによるアンダーステアを感じることもなく、スポーツ性能も十分! 峠の上りで力強く加速するエンジン特性も含め、4WD SUVスポーツと呼ぶにふさわしいと思う。もっとパワーのあるSUVや4WD車はあるけど、全体的なバランスが優れているし、なによりもコストパフォーマンスが抜群に高い。コストパフォーマンスの高さがSUV大国のアメリカで売れている要因だろう。

悪路での走破性を確かめるために未舗装路を走るターザン山田氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

総括、ターザン山田的カー・オブ・ザ・イヤー!

タ:フォレスターの前に、日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたレヴォーグに試乗させてもらったけど、そのときもエンジン特性やミッション特性、そしてマッチングは本当に素晴らしく感じた。正直、カー・オブ・ザ・イヤーの選考基準はよくわからないけど、乗ってみてレヴォーグは完成度の高いクルマだと思う。

フォレスター ターボとターザン山田氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

タ:ただ、個人的に乗りたいクルマはフォレスターだ! 理由は、移動の楽しさや快適性、コストパフォーマンスを考えると、4WDのSUVであるフォレスターがほしい! レーサーという職業柄、速いクルマは死ぬほど乗っているので、普段はストレスが少なく、快適で目立ち過ぎないクルマが個人的に好きなんだよね。そこで、ターザン山田的カー・オブ・ザ・イヤーはフォレスターだ!

ちなみに僕がアメリカのスバルとレース契約したとき、「好きなスバル車を選んで乗ってください」と言われて、欲しかったのは日本で売っていなかった「トライベッカ」という大型のSUV。アメリカを中心に南米やヨーロッパでも販売されていたスバル車で、個人的にSUVやピックアップのような大柄なクルマが好きなんだよね。そのときは、いろんな事情でインプレッサSTIに乗っていたんだけどね(笑)。ちなみに当時は4WDのレガシィでレースに出ていたんだ。今回、フォレスター ターボに乗って10年以上前にアメリカでレースに出ていたことを思い出したよ。

著者:山田 英二