知る人ぞ知る「医療系IT企業の巨人」が躍進している。

エムスリーが1月29日に発表した2020年4〜12月期の業績は、売上高1237億円(前年同期比28.5%増)、営業利益424億円(同57.7%増)となった。通期業績予想は変動要素が多いため未定としているが、営業利益は、すでに2020年3月期通期の343億円を超えた。

好調な業績を牽引するのは、製薬企業のマーケティングを支援するサービス「MR君」を中心とするメディカルプラットフォーム部門。同部門の売上高が556億円(前年同期比50.4%増)、セグメント利益は275億円(同94.6%増)と急増したのだ。

医師の9割超が登録するサイトを運営

エムスリーの時価総額は足元で6兆円に迫っており、1年間で3倍となる快進撃だ。製薬業界各社と比較しても、あの武田薬品工業を上回っている。

エムスリーは、大手コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーで共同経営者に就いていた谷村格氏が、クライアントだったソニー子会社の出資を得て2000年に設立した。現在もソニーが筆頭株主として約34%の株式を保有している。

2020年4〜12月期で利益率34%を誇る収益モデルの肝は、医療情報サイト「m3.com」の運営だ。m3.comは医療従事者だけが登録できるポータルサイトで、日本の医師の9割超にあたる約29万人が無料会員登録している。