ここ数年高まっている食パン人気。食パン専門店も雨後の竹の子のように誕生している。中には1本が1000円近くする高級食パンもある。さらに、コロナにより家庭で過ごす時間が増えたことが、このムーブメントに拍車を掛けているようだ。「外食機会が限られるから、家で食べるものを少しぜいたくに」と考える人も増えているためだろう。

この過熱する食パンブームを背景に驚くべき手を打ってきたのが、モスバーガーを展開するモスフードサービスだ。3月12日より約1000店舗にて食パンの物販を始めた。

発売前から大きな話題に

それが「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」(税込600円)だ。

「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」(税込600円)。3月12日より約1000店舗にて販売を開始した(筆者撮影)

近年はコンセプトをそのまま言い表した、長い商品名や店名をつけるのが1つの流行になっているが、その中でも抜きんでて長く“濃厚”な商品名である。

命名のインパクトはともかくも、発売元がモスバーガーであるという事実に目を見張った人は多いだろう。

そのため同商品は発売前から大きな話題となり、初回発売時には約9万5000個の受注があったという。

モスフードサービス営業本部付グループリーダーの吉野広昭氏は「想定を軽く超える受注数で、用意しておいた商品持ち帰り用の紙袋が在庫切れになりそうなほどだった」と、反響について語った。

CMなど、大々的な宣伝をしたわけではなく、プレスリリースと店舗ごとのリーフレットやSNSなどの普通の販促をしただけだったそうだ。やはり、「ハンバーガーチェーンが食パンの物販」という意外性が、耳目をひきつけた大きな要素のようである。

2回目の販売日にはおよそ半減とは言え、それでも多い約4万7000個の受注があった。

初回、2回目と述べたのは、この食パンは完全予約販売のため、販売日が毎月第2・第4金曜日と決まっているからだ。予約締め切りは前週土曜日、つまり1週間前となっている。購入したい場合は、ホームページからダウンロードあるいは店舗に設置されている予約表に記入し、受け取りを希望する店舗に提出する。

このように客にとってはいささか面倒くさい手続きとしているのは、受注生産のため。「注文しておいて受け取りに来ない」といったケースをなるべくなくす意味があるようだ。また、予約販売を月2回と限ることでプレミア感も高まる。

それにしても気になるのが「なぜ、モスバーガーが食パンを売るのか?」である。