一般的なキャンピングカーといえば、テーブルやキッチン、ソファやベッドなどが装備され、車体のキャビン部が大きく、背が高いクルマをイメージする人も多いだろう。だが、最近人気なのは、一見して外観がノーマルと変わらないタイプだ。例えば、ベース車両がハイエースなどの場合、見た目は普通のワンボックスカーで、ノーマルと同じ4ナンバー車のボディサイズを維持する。そのぶん、装備は本格的なキャンピングカーほど豪華ではなく、荷台部分にベッド用マットを載せただけというタイプも多い。だが、実際にこういったお手軽なモデルが売れているのだ。

近年、需要が伸びているキャンピングカーの中でも、なぜ一見「普通」のタイプに人気が集まっているのだろうか。ジャパンキャンピングカーショー2021(4月2〜4日・幕張メッセ)に出展されたモデルを例に、その理由を検証してみる。

日産自動車はセレナ・キャラバン・バネットを展示

日産自動車「セレナ」の車中泊仕様(筆者撮影)

日産自動車は、ミニバンの「セレナ」、商用車の「NV350キャラバン」や「NV200バネット」といった3モデルをベースにした「マルチベッド」と呼ばれる仕様をブース展示した。いずれも車体や外装はノーマルのままとし、荷台スペースにベッドマットを装備することで、アウトドアで橫になったり、就寝したりすることに特化した、いわゆる「車中泊仕様」だ。

セレナのマルチベッドの内装(筆者撮影)

セレナやキャラバンには、3列シート仕様もあるが、あえて2列シート仕様とし、荷台部分の使い勝手を重視している。取り外し可能なベッドマットは、3モデルともに2列目シートをリクライニングさせて取り付ける。ベッドが不要な場合には、キャンプ道具はもちろん、釣りやカヌーなどのアウトドアスポーツ用品など、さまざまなアイテムを積載することも可能だ。就寝人数はいずれも大人2名だが、キャラバンやセレナでは、夫婦2名の間に小さな子供1名も橫になれる余裕があり、ファミリー層を意識したスペース設定となっている。

NV350キャラバン マルチベッドの内外装(筆者撮影)

これら仕様のユーザーについて、日産自動車の担当者は「アウトドア初心者の方が多いですね」という。本格的なキャンピングカーまでは必要ないけれど、キャンプや車中泊を始めたいというユーザーが大半を占めているようだ。近年のアウトドアブームにより、車中泊仕様車の需要が増えたことが、3モデルのリリースを後押しした。