4月12日にフランスの自動車ブランド、シトロエンが発表した新しいフラッグシップ、「C5 X」がフランス車ファンを中心とした車好きの間で話題になっている。わが国にも少なくない熱心なシトロエンファンの中でも好評だ。

現在、所有している「GS」まで、6台のシトロエンを所有してきた筆者も同じ気持ちを抱いている。理由はいくつかあるが、最大のポイントは1970年代から80年代にかけて、このブランドのフラッグシップを務めた「CX」を思わせるスタイリングだろう。

そういえば昨年、シトロエンが発表した新型「C4」も、やはり1970〜80年代にかけて親しまれた大衆車GSを思わせるスタイリングをしている。

現在、筆者が所有している「GS」(筆者撮影)

新型C4のニュースリリースには、この年が誕生50周年だったGSに代表される「一連の大胆なコンパクトカーの流れを継承した」とあり、オフィシャルムービーには新型C4の走行シーンに一瞬、GSをフラッシュバックさせるシーンもあり、作り手がかつての傑作大衆車を意識していることがしっかり伝わってきた。

今回、デビューしたC5 Xのオフィシャルムービーにそういった演出はないものの、ニュースリリースには「シトロエンのトップレンジの歴史を彩ってきたさまざまなクルマを彷彿とさせる」という記述がある。

コンセプトカー「CXperience Concept」

さらにこのクルマのデザインが、2016年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「CXperience Concept」にインスパイアされたものであることにも触れている。「CX」の2文字を大文字にしていることからも、このコンセプトカーがCXに影響を受けていることは明らかだろう。

「CXperience Concept」のエクステリア(写真:STELLANTIS)

CXperience Conceptは、シトロエン“Be different, feel good(より独創的に、もっと楽しく)”の精神をパワフルに体現するコンセプトカーとして作られ、ロー&ワイドなスタイリングや、コンテンポラリーな建築や装飾にインスパイアされたというホリゾンタル(水平)なインテリアが特徴だった。