「テフロン・ドン(Teflon Don)」。政権末期にドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領についたあだ名だ。度重なるスキャンダルに直面してもテフロン加工がされているように汚れがこびりつかない、といった意味合いだ。「テフロン・ドン」ぶりは2017年の政権発足前から発揮された。2016年大統領選の約1カ月前に発覚した女性蔑視発言は致命的と思われていたトランプ氏だが、その後に支持率を回復して当選した。そして政権発足後、歴代大統領では初めて複数回の弾劾訴追に遭ったが、いずれも無罪評決によって無傷で、失脚することはなかった。

だが、先週から「テフロンがとうとう剥がれ始めたのではないか」との期待感が一部の民主党支持者の間に広がり始めている。ニューヨーク州マンハッタン地区検察(以下、検察)が7月1日にトランプ一族の会社トランプオーガニゼーション社と同社最高財務責任者(CFO)のアレン・ワイセルバーグ氏を脱税疑惑で起訴。検察による捜査はトランプ氏に急接近しているのだ。

注目はワイセルバーグCFOの動向

今回、検察はトランプ氏が人生の大半で代表を務めていたトランプオーガニゼーションそして側近のCFOを起訴するも、トランプ氏自身は起訴しなかった。だが、検察が同社の他の経営幹部の追及を示唆する中、今後、本丸のトランプ氏自身を狙ってくる可能性も指摘されている。

7月1日、アメリカの主要テレビ局は手錠をかけられ連行されるワイセルバーグ氏の映像を繰り返し流した。ワイセルバーグ氏はトランプオーガニゼーションではトランプ一族以外で最も重要な経営幹部であることから、同氏の起訴は極めて重要な展開といえよう。

トランプ一族ではない同氏がトランプ氏に反旗を翻すことを検察は願っているようだ。仮にワイセルバーグ氏が検察に協力すれば、同社が関わってきたことが疑われている他の脱税行為、保険詐欺、不正融資、会計操作をはじめ、より深刻な犯罪行為が明らかとなり、民主党支持者が期待するようにトランプ氏起訴に動く可能性も指摘されている。