大手損保の三井住友海上は7月、東南アジアを中心にオンラインで中古車売買を手掛けるCARRO(カーロ、本社シンガポール)に出資した。

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが主導するカーロの資金調達ラウンドに参画したもので、3億6000万ドル(約400億円)の出資総額のうち、三井住友海上は15億円程度を出資したとみられる。

カーロは今回の資金調達で、企業価値が10億ドルを超える、いわゆる「ユニコーン企業」に仲間入りした。

国内損保の海外投資は、同業の保険会社や高度なデジタル技術を持つIT企業などに出資することが多い。だが、歴史の浅い中古車販売事業者へ出資するケースは珍しい。

透明度高い中古車取引を実現

2015年にシンガポールで創業されたカーロは、ネット上で個人や中古車ディーラーが車を売買できるマーケットプレイスなどを運営している。不透明な取り引きが多い東南アジアの中古車販売市場で、AIなどの最新デジタル技術を価格査定やローンの与信などに活用し、透明度の高い中古車売買を実現している。

三井住友海上は2020年12月に同社と業務提携し、今回資本参加という形に一歩踏み込んだ。

狙いの1つは、テレマティクスを活用したサービスや自動車保険の開発だ。テレマティクスとは「テレコミュニケーション(電気通信)」と「インフォマティクス(情報処理)」を組み合わせた造語で、車などの移動体に搭載した通信機器などを活用してさまざまなデータを取得し、利用者に各種サービスを提供できる。

両社は5月にはインドネシアでカーロから中古車を購入した顧客向けに、テレマティクスサービスの提供を始めている。安全運転すればポイントが貯まり、カーロが運営する修理工場で洗車やオイル交換、修理代金の割り引きなどの特典が付く。ただ、あくまでもポイント還元プログラムの一環であり、自動車保険の保険料などに安全運転の成果は反映されない。