8月23日、全国の自治体に先駆けて大阪市が、アストラゼネカ製新型コロナワクチンの集団接種をスタートした。同社ワクチンは今年5月の薬事承認と同時に国内生産されていたが、海外から血栓症等の副反応の報告を受け、国内での接種は保留状態となっていた。

しかし今月に入り、デルタ株が猛威を振るう一方で、ワクチンの供給不足はますます顕著に。そこで感染・重症化リスクと副反応リスクを天秤にかけたうえで、40歳以上への接種が解禁された。

だが、副反応リスクが大々的に報じられたワクチンだ。「コロナは怖いけれど、接種してよいものか戸惑う」という人も多い。冷静に見てどれほど“怖がる”べきなのだろうか。

接種後の「血栓症」とは?

アストラゼネカ製の新型コロナワクチンの副反応で、人々が最も懸念しているのが「血栓症」だろう。

血栓症とは、血中にできた血液の固まりが血管を塞ぎ、血液の流れを止めてしまうものだ。

一般には、加齢や運動不足などから脚の静脈に血栓が生じやすくなって起きる「深部静脈血栓症」や、その血の固まりが肺に流れて詰まった「肺血栓塞栓症」が多い。エコノミークラス症候群はその一つだ。

一方、アストラゼネカ接種後については、ごく珍しいタイプの血栓症も問題となっている。脳の静脈が詰まる「脳静脈血栓症」や、腹部の静脈に血栓を生じる「内臓静脈血栓症」だ。同時に血小板(血液中に含まれる止血成分)の減少も見られる。

脳静脈血栓症では、脳梗塞や脳出血を引き起こし、頭痛や嘔吐、けいれん、運動障害、意識障害等が表れる。内臓静脈血栓症では、激しい腹痛が長い時間続き、吐き気や嘔吐が止まらない。いずれも適切な診断と迅速な処置が必要だ。