世界の小型車の規範と言われるドイツのフォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」が8代目となり、通称“ゴルフ8”として日本市場への導入がはじまった。

本国ドイツでは2019年から販売されており、およそ1年半遅れての日本導入だ。まずハッチバック車が輸入され、次いで先ごろステーションワゴンの「ゴルフ ヴァリアント」も日本に届いた。ヴァリアントは、ドイツ本国とほぼ差がなく日本へ導入となった。

新型ゴルフ8での話題は、日本で販売されるすべての車種が48V(ボルト)仕様のマイルドハイブリッド車になったことだ。ガソリンエンジンに「ISG」と呼ばれるモーター機能付き発電機を組み合わせ、ベルト駆動される。アイドリングストップからのエンジン再始動のほか、モーター駆動による補助と減速に際しては回生を行う。

フォルクスワーゲンは、前型ゴルフ7で「e-Golf(イー・ゴルフ)」と呼ぶ電気自動車(EV)と、「ゴルフGTE」と呼ぶプラグインハイブリッド車(PHEV)を車種追加し販売してきたが、ゴルフの標準車として電動機能をすべての車種に採用するのは、ゴルフ8がはじめてだ。

前型ゴルフ7でのe-GolfやGTEの導入に際し、フォルクスワーゲンは「EVらしくとか、PHEVらしくではなく、あくまでゴルフであること」を強調した。ゴルフ7では、事実そのとおりの仕上がりだったが、新型ゴルフ8のマイルドハイブリッドでも同じことを感じられるか?

結論を先に言えば、間違いなく“ゴルフ”以外の何物でもないという乗車感覚だった。

エンジンは3気筒ターボと4気筒ターボの2種類

2021年6月15日に日本導入されたのは、「eTSI アクティブベーシック」「eTSI アクティブ」「eTSI スタイル」「eTSI Rライン」の4グレードで、価格は291万6000円〜375万5000円(写真:Volkswagen)

ゴルフ8のマイルドハイブリッドは、2種類のガソリンエンジンが用意されている。ひとつは、排気量999cc(約1.0L)の直列3気筒ガソリン直噴ターボだ。もうひとつは、排気量1497cc(約1.5L)の直列4気筒ガソリン直噴ターボである。

2021年6月15日に日本導入されたグレードは4つで、「eTSI アクティブベーシック」「eTSI アクティブ」が1.0Lの3気筒ターボ、「eTSI スタイル」「eTSI Rライン」には1.5Lの4気筒ターボが採用されている。とくに気になったのが1.0Lの3気筒モデルだ。