2021年9月14日、トヨタは新型クロスオーバーSUV「カローラ クロス」の日本仕様を発表し、販売を開始した。

カローラ クロスは、2020年7月にタイで世界初公開。タイや台湾ではすでに販売されており、人気を博しているモデルである。また、2021年7月には北米仕様が公開されており、「ヤリス クロス以上ハリアー未満」というちょうどいいサイズ感から、日本への導入に大きな期待が寄せられていた。

「カローラ」の名がつくSUVは、初代カローラが1966年に誕生して以来、初めてのこと。

発表会では、「お客様の期待を超える室内空間・ユーティリティと、堂々としたデザインを兼ね備えたカローラ クロスを、カローラの価格帯でご提供させていただく」とコメントされた。

今回、カローラ クロスが導入されたことで、トヨタのSUVラインナップは、「ライズ」「ヤリス クロス」「C-HR」「ハリアー」「RAV4」「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー」「ハイラックス」の9車種が並ぶこととなる。まさに「SUVフルラインナップ」の様相だ。

C-HRもカローラ クロスと同じCセグメントのSUVだが、C-HRは室内空間よりもクーペライクなデザインを重視したパーソナルなモデル、カローラ クロスは後席や荷室の広さも重視したSUVらしいモデルと、すみ分けを図る。

同セグメントながらキャラクターの異なる「C-HR」(写真:トヨタ自動車)

SUVでもカローラツーリングより安い価格設定

カローラ クロスは、歴代カローラが培ってきた「プラスα」の思想と「お客様に寄り添い、進化し続ける」という使命を受け継ぎ、「これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生した」という。

開発コンセプトは「新空間・新感覚 COROLLA」で、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費が両立されたと説明される。

価格(税込)は、ガソリンモデルが199万9000円から264万円、ハイブリッドモデルが259万円から319万9000円。同クラスのCH-R(238万2000円〜)よりも、コンパクトSUVのヤリス クロス(179万8000円〜)に近く、コストパフォーマンスの高さが光る。「カローラツーリング」(201万3000円〜)よりも安価な、戦略的な価格設定だ。