サスペンションは、フロント:マクファーソンストラット式、リヤ:トーションビーム式が基本となるが、E-Fourモデルのリアサスペンションには、これまでのカローラシリーズで熟成を重ねたダブルウィッシュボーン式が採用される。

その他、クラス最小レベルとなる5.2mの最小回転半径も、アピールポイントとして挙げられていた。ヤリス クロスは5.3m、カローラツーリングは5.0〜5.3mだから、SUVとしては小回りが利くといえる。

セーフティは、最新の「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターも、エントリーグレードの「G“X”」を除く全グレードに装備される。障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制する「プラスサポート」も用意された。

ハイブリッドモデルには、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)と「非常時給電モード」がオプションで選択可能。非常時給電モードは、ハイブリッドシステムのバッテリーを停電などの非常時に電気ポットやドライヤーなどの家電製品を使うための非常用電源とするものだ。

SUV市場も“トヨタ一人勝ち体制”へ

これまでも多くのSUVをラインナップしてきたトヨタだったが、日本でのジャストサイズとなるCセグメントにファミリーユースに適したモデルがなく、「ヤリス クロスでは小さく、ハリアーでは大きく価格も高い」というニーズに応えられないでいた。そこに登場したカローラ クロスは、まさに待望のモデルであるといえる。

「ハリアー」の価格は 299万円から。最上級グレードでは500万円に達する(写真:トヨタ自動車)

しかも、200万円を切る価格設定からとあれば、ホンダ「ヴェゼル」の大きな脅威となるだろう。エントリーモデルのG“X”ではアルミホイールなどの上級装備が省かれるものの、LEDヘッドライトをはじめ、実用上の装備は十分だ。

コンパクトクラスのライズ&ヤリス クロスと、ミドルサイズのハリアー&RAV4の間を受けるカローラ クロスの登場により、完璧なトヨタSUVフォーメーションが完成したといっていいだろう。

最大のライバルであるヴェゼルは、グレードによっては今も半年以上の納期を要するという。カローラ クロスの納車が順調に行えるとするならば、SUV市場で“トヨタの一人勝ち”となる未来も大いに考えられるのではないだろうか。

著者:先川 知香