アップルは9月24日、新型となるひとまわり小さなタブレット「iPad mini」を発売する。

スペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色展開、容量は64GBと256GB、Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルが用意され、価格は64GBのWi-Fiモデルで税込5万9800円〜となる。

発売に先駆けて実機を試したので、先行レビューをお届けする。

筆者はもともと、iPad miniを、通勤時にスマートフォンより大きな画面で電子書籍を読んだり、パソコンとは別のデバイスでビデオ会議に参加するためのデバイスとして持ち歩こうと考えていた。

またスマホとナビが連携できない古い愛車のために、車内に固定してナビとして、またApple MusicやPodcastを再生する端末としても、iPad miniを揃えようと思っていた。

多彩な用途に答える待望のアップデートとなるのか、注目していきたい。

待望の小型モデル刷新

iPad miniは2012年10月に小型タブレットとして登場し、今回のモデルで6世代目となる。10インチ前後の主力iPadに対して、7.9インチの小さなモデルとして登場した。

iPad miniは非常に人気の高いモデルだ。例えば教育現場では、手の小さな小学校低学年の児童にとって扱いやすいサイズであり、カメラを生かして学習にデジタルを取り入れるきっかけを与えてくれる。

あるいは航空会社のパイロットが、分厚い紙の資料をiPad miniに置き換えて可搬性と検索性を生かしたり、地上でお客様対応をするスタッフのコミュニケーションツールとして活躍している様子が、日本の空港でも見られる。

近年、9.7インチから10.2インチへとサイズが拡大し、毎年新しいチップを搭載して登場するベーシックなiPadに対して、iPad miniは第4世代が2015年、第5世代が2019年と、頻繁なアップデートがされてこなかった。

それだけに、今回の第6世代となるiPad miniは、待望のアップデートを迎えたことになる。