トヨタ「ヤリスクロス」は、名前の通りコンパクトハッチバックの「ヤリス」から派生したコンパクトSUVだ。発売は2020年8月31日、すでに1年が経過している。

ヤリスと同じTNGAプラットフォーム(GA-B)を使い、同じ1.5リッターのガソリンエンジンと「THS-II」ハイブリッドパワートレインを搭載する。駆動方式は2WDと4WDを用意し、価格はガソリン車が179万8000円から244万1000円、ハイブリッド車が228万4000円から281万5000円だ。

いわゆるBセグメントSUVであり、ライバルは日本車ではホンダ「ヴェゼル」、日産「キックス」、マツダ「CX-3」といったところ。海外でのライバルはルノー「キャプチャー」やフォルクスワーゲン「Tクロス」、海外専売となった日産「ジューク」あたりだ。

ヤリスクロスは日本だけでなく海外でも2021年半ばから発売を予定しており、ヨーロッパ市場向けはフランスで生産される。ヨーロッパを中心にBセグメントSUVは人気の高いクラスだから、トヨタが最後発として「ヤリスクロス」で勝負をかけるといった格好となった。

発売1年での販売台数、約11万台

国内発売から1年が経ち、街中でも見かけない日はないというほどに増えたヤリスクロス。販売台数は、どのぐらいなのだろうか。自販連のデータでは、ヤリスクロスを含むヤリスシリーズの2020年の販売は、15万1766台となっている。

この数字は、軽自動車を除いた登録車としては、ナンバー1だ。2位は、同じトヨタの「ライズ」で12万6038台。その差は、2万5728台である。

しかし、自販連が発表する数値はヤリスとヤリスクロスの合算だ。ヤリスクロス単体での販売はどのようなものか、トヨタに聞いたところ、以下のような数字が返ってきた。

1カ月のフルカウントが始まる発表翌月の2020年9月から2021年8月までの1年でいうと、10万9020台となる。「ヤリスクロスは売れているだろう」と予想はしていたが、発売1年間で11万台に迫る数字は、驚くほど大きなものだ。

2020年8月〜2021年8月に販売された10万9240台のうち、ガソリン車とハイブリッド車の販売台数の内訳は、ガソリン車が37910台でハイブリッド71330台。その割合はざっくりと「1:2」で、ハイブリッドのほうが多く売れている。