2020年8月のヤリスクロス発売から約1年後となる2021年9月14日、トヨタは「カローラクロス」を日本に投入した。こちらはヤリスクロスの1つ上となるCセグメントのSUVだ。

これにより、トヨタには下から「ライズ」「ヤリスクロス」「カローラクロス」というコンパクトSUVが揃うことになる。また、CセグメントSUVには、2016年発売の「C-HR」もある。

9月14日に発売された「カローラクロス」(写真:トヨタ自動車)

振り返れば、2016年にC-HR、2019年にライズ、2020年にヤリスクロス、2021年にカローラクロスと、トヨタはコンパクトSUVを毎年、投入している。しかも、それらのキャラクターはしっかりと差別化されており、購入時に悩むことはない。

ラギッドで若々しいライズ、シティ派でキビキビ走るヤリスクロス、オールマイティで実用性に優れるカローラクロスといった具合だ。

さらにトヨタは、その上にも「RAV4」「ハリアー」「ハイラックス」「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー」とSUVラインナップを用意する。価格帯の上から下までキャラクターも硬軟も揃え、まさに水も漏らさぬ布陣だ。「SUVが欲しい人を1人も逃さぬ!」というような意思さえも感じる。

うならされるトヨタの“地力の強さ”

もちろん、このような豊富なラインナップは、地力に優れたトヨタだからこそできる力技だ。トヨタ以外のメーカーも複数のSUVをラインナップするが、これほど充実していない。

ヨーロッパブランドもサイズ違いでいくつものSUVを揃えているが、基本的なキャラクターはすべて同じで、金太郎あめ的にサイズと価格にランクが用意されているだけだ。トヨタのようにバラエティ豊かなキャラクターを揃えるメーカーはほぼない。

しかも、トヨタは中国市場向けに「クラウン」のSUVまで販売している。もしも、日本市場にクラウンSUVが投入されれば、ランドクルーザーとハリアーの間を埋めることになるだろう。ミドルクラスより上のSUVラインナップも、充実するのだ。きっと、これも高い人気を集めることだろう。

大成功のヤリスクロスが果たす役割は、「SUVが欲しい人」を1人も逃さないためのラインナップの1台であると同時に、トヨタのSUVラインナップの中で上級移行させる戦略的な1台でもあるのだ。

著者:鈴木 ケンイチ