正式発表が間近に迫ったトヨタの新型スポーツモデル「GR86」。軽量な車体にFR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトを採用した4人乗り2ドアクーペで、2012年発売の初代モデル以来、国産スポーツカー市場を牽引してきた立役者だ。その新型は、2021年秋に正式発売されることがアナウンスされており、現行型オーナーをはじめ、多くのスポーツカー愛好家が登場を待ち望んでいる。

一方、軽量級の国産スポーツカーには、2015年にデビューしたマツダ「ロードスター」も挙げられる。1989年に登場した初代モデル以来、30年以上にわたり世界中にファンを持つ2シーターのオープンスポーツカーだ。FRレイアウトに軽量ボディ、かつて圧倒的な人気を誇った歴代モデルのコンセプトを継承する俊敏な走りなど、新型GR86との共通点も多いモデルで、2車は実質的なライバル関係にあるといえる。

ここでは、競合するこれら2モデルを比較することで、各車の魅力や商品性の違い、主にどのようなユーザーが楽しめるモデルなのかなどを検証する。

発売目前GR86の生い立ちの基本スペック

スバルとの共同開発で生まれたGR86。兄弟車となるBRZも2代目となり、すでに販売を開始している(写真:トヨタ自動車)

GR86の初代モデルは、前述のとおり、2012年に登場。スバルと共同開発した軽量スポーツモデルで、兄弟車の「BRZ」も同年に発売された。開発コンセプトはドライバーが自在に操る楽しさを体感できるという意味の「直感ハンドリングFR」。同モデルの登場は、縮小を続ける国産スポーツカー市場へ一石を投じることとなり、多くのクルマ好きから支持を受けた。

86の先祖にあたるAE86型「スプリンタートレノ」。写真は最終モデルの特別仕様車か「ブラックリミテッド」(写真:トヨタ自動車)

なお、車名の86は、1983年にトヨタが発売したクーペモデル「カローラレビン」と兄弟車「スプリンタートレノ」の型式名「AE86」が由来だ。当時絶大な人気を誇った2モデルは、多くのファンから「ハチロク」の愛称で親しまれた名車たちだ。86は、その名を受け継ぐことで、昔からのスポーツカー愛好家をはじめ、幅広い層に受け入れられた。

新型となる2代目は、トヨタ傘下のスポーツカー部門「トヨタ・ガズー・レーシング(TOYOTA GAZOO Racing)」が、2017年から展開するブランド「GR」からの販売が決定したため、車名がGR86となっている。高級スポーツカーの「GRスープラ」、コンパクトカー「ヤリス」のチューニング仕様「GRヤリス」に次ぐ同ブランドのグローバルモデル第3弾として、海外での販売も決定している。