今年8月から9月にかけ、再び増加の一途を辿ったコロナ陽性者数。10月以降、その状況が変化してきた。私自身は、1人旅で十分感染対策を行い、混雑した場所を避け、人と会話しないなど旅先での行状に気をつければ問題はない、と考えていたが、今夏の状況はさすがに気落ちした。

私はJ2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉を応援しに全国を巡るのが趣味だが、この影響で山形、甲府、相模原、群馬などアウェー席の販売が停止される憂き目にあった。

鉄道ファン待望の18きっぷの季節でもあった。ただ、1日数本しかないような路線、例えば芸備線の備後落合―新見間、只見線、上越線の水上―越後湯沢間などは、どうしても混雑する線区となる。今夏もラッシュ時のようになってしまった、ある日の芸備線の様相をツイッターで見かけた。

ローカル線を1人ひっそり旅する

若い頃に読んだ、鉄道紀行作家の故・宮脇俊三氏の著作「車窓はテレビより面白い」の中で、廃止間近の湧網線が連日鉄道ファンで満員になってしまった描写がずっと忘れられないでいる。

「高校生らしい一人が叫んだ。『湧網線なんか早く廃止になってくれ。20日が待ち遠しいよ』20日からバスに転換されるのである。(中略) ローカル線は地元の人のもの。鉄道マニアのものではないのだ」

18きっぷの時期はどうしても混雑しがちだ。もちろん全線完乗を目指す方や、初めての路線に向かうには絶好の時期である。けれど、ローカル線は地元の方々の大切な生活路線である。できれば地元客ばかりの列車に1人ひっそりと混ざって地域の日常に紛れ込む、旅行者にとっての非日常に浸りたい。

再び、旅に出かけられる状況が見えてきたが、このご時世、密となる状況は避けたいところだ。

そこで今回提案するのは、単に目的地に往復するのではない、長距離の片道切符や「一筆書き切符」の利用である。