トヨタの新型「カローラクロス」は「ハリアー以下、ヤリスクロス以上」という、日本の道路事情にマッチしたサイズ感と広い室内などが注目されている。一方、マツダの「CX-30」も「ミドルサイズのCX-5とコンパクトなCX-3の中間」的車格という点では、カローラクロスと同じようなポジションに位置する。

だが、両車の性格や特徴などには違いも多い。とくにカローラクロスは高い実用性、CX-30は高級感や運転する楽しさといった点に優れ、おのずと購入ユーザーにも違いが出てくる。

ここでは、そんな両車を比較することで、近年熾烈な競争が続くコンパクトSUVの注目モデル2車について、それぞれの魅力や商品性などについて検証してみる。

カローラクロスの基本スペックやグレード構成

アウトドアテイスト溢れるスタイリングが魅力のカローラクロス(写真:トヨタ自動車)

2021年9月14日に発売されたカローラクロスは、2021年で55周年を迎えるトヨタのロングセラー「カローラ」シリーズ初のSUVモデルだ。従来から同シリーズには、4ドアセダンの「カローラ」、ステーションワゴンの「カローラツーリング」、ハッチバックの「カローラスポーツ」などが販売されている。カローラクロスは、これらに続く4番目のボディタイプとして、世界的に好調なSUVスタイルを導入したモデルである。

セダン、ステーションワゴン、ハッチバック、SUVと充実したラインナップを誇るカローラシリーズ(写真:トヨタ自動車)

外観は、ワイド感あるボディラインやトヨタ独特のフェイスデザイン「キーンルック」などの採用で、SUVらしいダイナミックなフォルムを実現。近年人気が高いアウトドアを意識したワイルドさの中に、都会的な雰囲気も盛り込んだスタイルとなっている。

ラインナップには、1.8Lガソリン車と同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車を設定する。駆動方式は、ハイブリッド車が2WD(FF)と4WD、ガソリン車は2WDのみ。グレード体系には、ハイブリッド車が2WD・4WDともに3グレード(G、S、Z)、ガソリン車には、それらにエントリーグレード(G“X”)を含めた全4グレードを用意する。トランスミッションは、ハイブリッド車が電気式CVT、ガソリン車が一般的なCVTだ。