長期化するコロナ禍により、私たちの生活スタイルや働き方が見直された2021年。テレビCMにもさまざまな変化が見受けられた。以下、人々の心を捉えたヒットCMを中心に、この1年のCMシーンを振り返ってみる。

2021年度(2020年11月度〜 2021年10月度)に東京キー5局でオンエアされたCMの総数は2454社、6737商品、1万4742作品を数え、企業数、商品数、作品数はいずれも前年度を上回った。

またこの1年にCMを開始した新参入企業数は4年連続で増加し、観測を開始した2002年度以降、最多を記録した。ニューノーマルに対応した商品・サービスを中心に、CMを活用した広告活動の活性化を象徴する結果となった。

KDDI『au』が7年連続トップに

2021年度の銘柄別CM好感度ランキングでは、KDDI『au』が7年連続の首位に輝いた。松田翔太、桐谷健太、濱田岳らが出演する「三太郎」シリーズ、神木隆之介らが出演する「意識高すぎ! 高杉くん」シリーズを中心に多くの支持を集めたほか、オンライン専用の料金プラン『povo』のCMなどを展開した。

KDDI『au』「つながる歌」篇(動画:auのYouTubeチャンネルより)

2位はソフトバンク『SoftBank』。ブルース・ウィリス、広瀬すずらが出演する『ドラえもん』を実写化したシリーズをはじめ、NiziU、V6らとコラボしたコンテンツ配信サービス『5G LAB』など多彩な展開で好評価を獲得した。

3位はNTTドコモ『NTT DOCOMO』。綾瀬はるかが「あなたと世界を変えていく。」という新ブランドスローガンをアピールするCMや、森七菜と神尾楓珠を起用したオンライン手続きプラン『ahamo』のCMなどが快走した。以下、通信系のCMが6位までを占めたほか、フードデリバリー関連のCMも上位に入った。