ホンダのミドルサイズミニバン「ステップワゴン」の新型が2022年1月7日のジャパンプレミアで初公開となり、2022年春に発売されることがアナウンスされた。1996年に発売された初代モデル以来、ファミリー層を中心に根強い支持を受けているホンダ主力車種のひとつだが、先代モデルは販売面で近年苦戦していただけに、新型がどのような変貌を遂げたのかが気になるところだ。

新型となる6代目では、初代や2代目に近いスクエアな外観デザインになったことも大きなトピックスではある。だが、もっとも注目したいのは、メインターゲットである子育て世代などのファミリー層にとって、いかに使い勝手がよくなったかだ。先代モデルと比べ、ライバル車のトヨタ「ヴォクシー」やその兄弟車「ノア」、日産「セレナ」に対抗しうるだけのアップデートがなされているのかが気になるところだろう。クルマの購入動機には、見た目のスタイルやデザインも重要なファクターではあるが、こうしたファミリー向けジャンルのクルマでは、どれだけ高い実用性を備えるのかも、ユーザーから大きな支持を得られるか否かのカギになるからだ。

そこで今回は、主に室内装備やユーテリティに焦点を当て、先代モデル(5代目)と比較することで、新生ステップワゴンが、どの程度の商品力向上がなされたのかを検証する。

ちなみに新型モデルについては、価格や内外装のサイズなど、まだ公開されていないデータも多々ある。そのため、現段階では、具体的な新旧比較ができない項目もあるが、先代モデルのデータなどを参照しながら、可能な限り新型のポテンシャルに迫ってみたい。

ステップワゴンの基本コンセプトと歴史

1996年にデビューした初代ステップワゴン(写真:本田技研工業)

ステップワゴンは、従来、室内の広さや使い勝手の良さに定評があったモデルだ。1996年に発売された初代モデルは、ファミリー向けミニバンというジャンルを開拓した立役者といえる。当時のミニバンには、商用車ベースで運転席下にエンジンがあるキャブオーバータイプの後輪駆動車が多かったが、同モデルはエンジンを車体前方のフロントボンネット内に搭載し、前輪で駆動するFFレイアウントを採用。低床化や高い天井などにより、5ナンバーサイズながら、3列シートに大人8名が余裕で乗れる室内空間を実現した。また、多彩なシートアレンジや大容量カーゴスペースなど、ファミリー層が使いやすいパッケージングや低価格帯などが人気を博し、大ヒットを記録する。