年末調整は、1年に1度、会社勤めの方の税金を精算するために行われる手続きです。どうせなら、たくさん還付してほしいですよね。でも、提出を求められた証明書類(保険料控除証明書など)が漏れていると、返ってくる税金は少なくなってしまいます。また、もっと節税できたのに、そのことを知らずに損してしまっているようなケースもあります。

では、ウッカリ書類の提出を漏らしたり、年末調整の控除漏れを見つけたときには、どうすればよいのか、知らずに損しがちな節税策には何があるのかなどを、『自分ですらすらできる確定申告の書き方 令和4年3月15日締切分』をもとに解説します。

年末調整での節税ポイントは?

年末調整で少しでもたくさんの税金を返してもらうためには、必要な証明書類を漏れなくそろえて、会社に提出する必要があります。証明書類を紛失して、「会社に言われた提出期限までに提出できなかった」とか「面倒くさい」などと、提出を逃してしまうと、返される税金も少なくなってしまいます。また、忘れがちですが、次年度以降に給料から天引きされる住民税も高くなる点にも、留意しましょう。

年末調整というのは、会社を通して行う確定申告のミニ版です。そこで、経理では、次のようなことをして、税金計算を行っています。

①年末調整に必要な書類を提出してもらう→②1〜12月の給料・賞与を足して年収を算出し、「所得」を計算する→③提出書類(①)をもとに、その人が受けられる「所得控除」を計算して所得から引き、「課税所得」(税額計算のもとになる)を計算する→④課税所得にかかる税額を計算する→⑤提出書類(①)をもとに「税額控除」を計算し税額から引く→⑥1年間に給料から天引きした所得税と⑤の金額を比べる→⑦もらいすぎている税金があれば還付し、税金が少なければ徴収する。

多くの場合、毎月の給料から引かれている税金のほうが多くなりますので、その分の税金が還付されます。上のうち、②の年収を変えることはできませんので、会社員の節税ポイントは、③「所得控除」や⑤「税額控除」をいかに大きくできるかにかかっています。