また「G」系ではナノイーX、ハンズフリーデュアルパワースライドドア、パワーバックドア、ステアリングヒーター、2列目キャプテンシートにシートヒーター、オットマンなどがセットでプラスされる「快適利便パッケージ(High)」(12万6500円〜15万1800円)、「X」系ではナノイーX、ハンズフリーデュアルパワースライドドア、左右独立温度コントロールフロントオートエアコン+リアオートエアコン、フロントシートヒーター、独立型センターコンソールボックスなどがセットでプラスされる「快適利便パッケージ(Mid)」(17万2700円〜17万8200円)が用意されており、こちらは名前のとおり快適性と利便性を大きく上げてくれるものだけに、できれば選択したいところ。

そのほかでは10.5インチと大画面となるディスプレイオーディオ(標準は8インチ、Xグレードは非装着)も選びたいところだが、価格が17万6000円〜30万2500円と高額となるため悩ましい。

オプション選びの見極めが重要なモデル

このように新型ノア&ヴォクシーは、スタート価格こそ比較的安価で標準装備も充実しているものの、さらに上を目指してオプションを選んでいくとそれなりの価格になってしまうという設定となっている。

そのため、安価に抑ええたいのであれば、エントリーグレードにオプション設定なしというシンプルなチョイスでもそこまで不満が出ることはないだろう。一方、最新技術をフルに体感したいというのであれば、上級グレードにオプションを盛りだくさんというのも選択肢のひとつ。どこまでの装備が必要なのかを見極めるのが大切と言えそうだ。

著者:小鮒 康一