イスラム教の聖地・メッカで知られる国、サウジアラビア。同国には、2018年10月からメッカ―ジェッダ国際空港―メディナ間を移動する巡礼者らのアクセス改善を狙った「ハラマイン高速鉄道(Haramain High Speed Railway、HHR)」が走っている。

長期にわたってムスリムの巡礼などを除く外国人観光客の来訪を拒んできた同国。女性の社会参加についても厳しい制限があるが、HHRは今年初頭、同国鉄道界初の女性運転士候補の研修生募集を実施。定員の1000倍近くもの応募があり、人事担当者はうれしい悲鳴を上げたという。

サウジアラビア政府は2019年、観光目的の外国人の入国ビザ発給を開始し、巡礼者しか入れないメッカなど一部のエリアを除いて、ある程度自由に国内を巡ることが許されている。とはいえ、いまだ秘密のベールの向こう側にある感じが拭い去れないサウジアラビア。HHRと女性運転士、そして同国の鉄道の現状はどうなっているのだろうか。

巡礼者以外も自由に乗れる

HHRはメッカ―メディナ間の450kmを結び、途中にジェッダ、ジェッダ・キングアブドゥルアジーズ国際空港、そして新開発地域であるキング・アブドゥラ経済都市の3駅がある。車両はスペインのタルゴ(Talgo)製で最高時速は300km。メッカとメディナ間の移動時間は2時間20分だ。1編成の定員は417人、全部で35編成ある。

ジェッダでの暮らしが36年目という日本人女性で、サウジアラビアへの観光喚起にも尽力しているカナモリヨウコさんはHHRについて、「巡礼者の移動のためだけのものではありません。非ムスリムの外国人観光客がジェッダの国際空港に降り立った後、メディナなどへ向かう際に自由に乗れます」と語る。

誤って観光客がメッカ行きの列車に乗ってしまうようなことはあり得るのか?カナモリさんに尋ねると「メッカに入り込んだら、もう改宗するしかないですね」と笑って答えるが、巡礼者向けのメッカ発着の列車と、外国人が入れる行先への列車はまったく別仕立てで運行されている。