昨年12月に9代目へとフルモデルチェンジを果たしたスズキのベーシック軽セダンである「アルト」。この新型アルトは、ベーシックカーという基本に立ち返り、「ゲタを極める」というコンセプトのもとで誕生したモデルとなっている。

つまり、高級化が目覚ましい軽自動車において、装備を厳選して移動のアシとして価格を抑え、47万円という低価格を実現した元祖ベーシックカーの初代モデルを目標として生まれた1台というわけだ。

そうは言いつつも時代の流れはしっかり反映し、アルトとしては初のハイブリッドモデルを設定したほか、先進安全装備のスズキセーフティサポートを全車に標準装備とし、フロントシートSRSサイドエアバッグやSRSカーテンエアバッグも全車標準装備とするなど、安全装備に抜かりがないのは、ライバル車であるミライースに対するアドバンテージとなっている。

そんな基本はしっかり押さえたベーシック軽の新型アルト、実際に購入するとしたらどのグレードがオススメなのだろうか?

ハイブリッド2グレード、ガソリン2グレードの合計4グレード

新型アルトのカラーバリエーション(写真:スズキ) 新型アルトのカラーバリエーション(写真:スズキ)

新型アルトのグレード体系は、価格が高い順から「HYBRID X」「HYBRID S」「L」「A」という4グレードとなり、上級の2グレードは、その名前からもわかるようにハイブリッドモデルとなっている。気になる価格は以下のとおりだ(すべて2WDの価格)。

HYBRID X 125万9500円
HYBRID S 109万7800円
L  99万8800円
A  94万3800円

従来型に存在していたホットモデルの「ワークス」や、商用登録となる「バン」は今回用意されておらず、ビジネスユーザー向けには「A」がその役割を果たす。