メインカラーのドゥカティ・レッドにホワイトとグリーンを組み合わせることで、ボローニャを本拠地とするドゥカティのイタリアン・スピリットを表現。さらに再度フェアリングとフロントカウルには、ベイリス選手の象徴でもあるゼッケン「21」と、レーシングマシンを彷彿とさせる「Shell」のロゴマークを配置(東洋経済オンライン編集部撮影) メインカラーのドゥカティ・レッドにホワイトとグリーンを組み合わせることで、ボローニャを本拠地とするドゥカティのイタリアン・スピリットを表現。さらに再度フェアリングとフロントカウルには、ベイリス選手の象徴でもあるゼッケン「21」と、レーシングマシンを彷彿とさせる「Shell」のロゴマークを配置(東洋経済オンライン編集部撮影)

そんな、ベイリス選手の名がつけられたマシンが「パニガーレV2 ベイリス 1stチャンピオンシップ 20周年記念モデル」である。まず目に飛び込んでくるのが、美しいトリコローレにペイントされたグラフィックと、彼の愛したゼッケン21だ。ドゥカティは、多くの市販モデルで単色展開を好むメーカーだが、選手の名がつけられたプレミアムモデルは、真逆とも言える情熱的なカラーリングで人々を魅了する。

ドゥカティ伝統の90°V型2気筒エンジンを搭載

カウルの中には、955ccの2気筒エンジンが搭載される(東洋経済オンライン編集部撮影) カウルの中には、955ccの2気筒エンジンが搭載される(東洋経済オンライン編集部撮影)

エンジンは、955ccで2気筒のスーパークアドロ・エンジンが搭載され、最高出力は10750rpmで155ps、最大トルクは9000rpmで104Nmを発生。長きにわたりドゥカティストを魅了してきたエンジンキャラクターそのものだ。

パフォーマンスこそ、4気筒で220馬力を誇るパニガーレV4へ譲るものの、扱いやすいエンジン特性と相まって、レギューレーションで参加可能(気筒数によって排気量が異なる)なスーパースポーツ世界選手権600クラスでは表彰台も獲得。とは言え、決してむずかしいマシンではない。

一体感を生み出す軽量コンパクトなシャーシ

リヤから見たパニガーレV2ベイリス1stチャンピオンシップ20周年記念モデル(東洋経済オンライン編集部撮影) リヤから見たパニガーレV2 ベイリス 1stチャンピオンシップ 20周年記念モデル(東洋経済オンライン編集部撮影)

マシンを目にして改めて感じるのは、その美しい柔和な曲線を多用したデザインだろう。流行りの付加価値的エアロパーツをあえて装着しないことで、本来の造形が引き立つ。

国産マシンとは違い、いかにコンパクトにマシンを作り込むか?

シート高835mmながら足つき性もよい(東洋経済オンライン編集部撮影) シート高835mmながら足つき性もよい(東洋経済オンライン編集部撮影)

生産性との戦いでもあるテーマに、超小型モノコックフレームというシャーシデザインを活かしたドゥカティの技術力が垣間見える。それは跨っても実際に股の下でいかにマシンが細く仕上がっているかが体感できる。太ももの内側やタンクへのニーグリップ、踵のステッププレートへも自然と一体感を感じるので、4輪で例えるならできのよいバケットシートに収まるような感覚だ。シート高835mmながらも数値以上に脚つき性は良好だ。

トップブリッジには、「PANIGALE V2 BAYLIS 1st CHAMPIONSHIP 20th ANNIVERSARY」という車名のほか、シリアルナンバーが刻印される(東洋経済オンライン編集部撮影) トップブリッジには、「PANIGALE V2 BAYLISS 1ST CHAMPIONSHIP 20TH ANNIVERSARY」という車名のほか、シリアルナンバーが刻印される(東洋経済オンライン編集部撮影)

そして目に飛び込んでくるのは、左右ハンドルの間にある機能部品。アルミビレット加工されたトップブリッジには、レーザー加工された“ベイリス”の名とシリアルナンバーが刻印されている。足まわりに目を移せば、オーリンズ製のコンポーネントが採用されている。フロントにはNX30フォーク(左コンプレッション、右リバウンドに加えプリロードは左右でそれぞれ調整可能)、リヤにはスポーツモデルの定番とも言えるTTX36フルアジャスタブル仕様のショックアブソーバーを装備する。

専用装備となるオーリンズTTX 36リヤショック(東洋経済オンライン編集部撮影) 専用装備となるオーリンズTTX 36リヤショックアブソーバー(東洋経済オンライン編集部撮影)