投資ビギナーにとって悩ましいのは2つの制度の組み合わせ方。そこで、経済ジャーナリストの酒井富士子さんが、年代別・職業別につみたてNISAとiDeCoの具体的な組み合わせ法を伝授します。

『知りたいことがぜんぶわかる!つみたてNISA&iDeCoの超基本』(学研プラス)から、抜粋・再構成して紹介します。

CASE1:20代独身は、株式中心で積極運用を

まず、20代・独身・会社員の場合です。この時期は自分で稼いだお金を自分でコントロールできるので人生最大の貯めどきです。

出典:『知りたいことがぜんぶわかる!つみたてNISA&iDeCoの超基本』

20代のうちはまだ収入が少ないこともあるでしょうから、最低でもお給料の2〜3カ月分の貯蓄ができてから、無理のない範囲で投資額を設定しましょう。

ある程度の貯蓄ができたら、転職や結婚など、近い将来のライフイベントに備え、つみたてNISAを優先して投資をスタートしましょう。つみたてNISAならいつでも現金化できます。

ただし、つみたてNISAだと売却しても非課税枠の再利用ができず、運用商品のスイッチングもできないため、リバランスの必要がないバランス型を選ぶのがいいでしょう。その一方で、長い運用期間も確保できるので、半分は全世界株式型で積極的な運用も検討しましょう。