そして、失敗には、ダメージを負うものと、そうでないものがあります。例えば、新規ビジネスを立ち上げて失敗したら、お金が減ってしまいます。出資を受けていた場合は、出資者からの信用を失うこともあります。

スポーツの試合に負けたら、その後のチャンスが減ったり、プロであれば収入が減ったりすることがあり得ます。

それに対して、資格の模擬試験は失敗することのダメージはまったくありません。むしろ、本番でするかもしれない失敗を先にでき、修正の機会が得られます。

また、なるべく本試験に近い環境を再現することで、緊張が軽減されますし、忘れ物や交通障害など、予想外のトラブルに対処する練習もできます。

いいことばかりで、デメリットは多少の金銭的な負担があることくらいです。模擬試験の受験料は高くても数千円に収まることが多いので、合格することを考えれば安い投資です。チャンスがあれば可能な限り受験すべきです。あえて失敗を繰り返すことにより、成長の機会を得るチャンスだと割り切りましょう。

絶対にやってはいけないのは、模擬試験でズルをすることです。一般的に、模擬試験は予備校などだけでなく、自宅でも受けられます。解答を事前に受け取れる場合もあるので、やろうと思えば、答えを先に見ることもできます。また、自宅で受験するなら、制限時間を超えて問題を解くこともできます。好成績を取って自慢するために、このような不正をする人がいます。

しかし、これでは正当な実力を測ることはできませんし、緊張を和らげる方法も見つかりません。そもそも自宅で受験するのが間違いです。本番の練習をできることが模擬試験のメリットであるにも関わらず、それを放棄することになります。よっぽどの理由がない限りは、本番と同じ環境に近づけ、会場で受験しましょう。

失敗は成功のもとの精神

結果が出ないと傷つき、落ち込んでしまう人もいるかもしれません。ですが、資格試験に限らず、最初からうまくいくことなどほとんどありません。

私の経験でも、試験はもちろん、格闘技も、商売も、最初は失敗続きで悔しい思いをしたり、馬鹿にされたりして悲しい思いをしました。

それでも、適切な努力を続けていれば、昨日より今日、今日より明日の状況はよくなります。それは階段を昇るプロセスに似ています。歩き続ければ、いつかゴールにたどり着きます。

何かに挑戦するときは、諦めることが最大のリスクです。その瞬間に失敗が確定し、リターンを得られなくなるからです。失敗は成功のもと、の精神を忘れず、一歩ずつ合格への道を歩んでいきましょう。

アルファポリスビジネスの関連記事
コスパ最強の学習法は「通勤中に勉強する」である
社会人にとって「夜に勉強する」が完全に非効率な訳
「定時退社が最強」という、独学のプロがたどり着いた真理

著者:アルファポリスビジネス編集部