東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは歴史的な転換点を迎えている。ゲストのパーク体験の質を向上させるため、「1日当たりの入園者数の上限をコロナ禍前より引き下げる」方針を明らかにしたのだ。

東京ディズニーランド開業から39年、パークに投資をして入園者数を増やすことで収益を拡大し、さらに投資を進めるサイクルを繰り返してきた。だが、コロナ禍でゲストの満足度が向上したこともあり、より高付加価値型のリゾートへと舵を切る。

今後のリゾートをどう成長させるか。2021年6月に就任した吉田謙次社長を直撃した。

――コロナ禍では2020年2月末から6月末まで4カ月間の休園があり、その後も大幅な制限の下で営業してきました。どんな苦労がありましたか。

休園は東日本大震災以来だった。震災時は1カ月強で、これほど長期にわたったことはない。従業員にどうゲストを安全に迎えるか考えてもらい、ディスタンスを保つラインを引き、飲食施設ではテーブルにシールドを立てる、消毒液をどこに置くか決めるなど、さまざまな安全対策を講じてきた。

吉田社長はコロナからの回復にあたり思い切った方針を定めた。「ゲストの体験価値を最大化することを最優先に考える。中期計画の3年間をかけてじっくりと検証していく」(写真:尾形文繁)

私はフード本部長を務めていた。日々のメンテナンスが必要で、運営を止めると再開まで時間がかかる。アトラクションと同様に、フードも一定程度機器を動かしていた。食材や商品の仕入れは相手方もあるので簡単にはいかなかったが。「そろそろ再開できそう」というタイミングで準備を加速することを繰り返してきた。

入園者数制限で見えてきたこと

――5月に公表した中期経営計画では、1日当たりの入園者数の上限を抑える方針を打ち出しました。なぜコロナ前とは違う戦略を打ち出したのですか?

コロナ以前、入園者数が非常に多いときでも、ゲストのアンケートによる体験価値、「また来たい」という再来園の意向は高いレベルだった。ただ、ゲストの体験価値をさらに、どう高めていくか考える中で、入園者数の上限を引き下げる可能性について議論はしていた。