2022年5月に年内発売がほのめかされたホンダの新型SUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」。その日本仕様車がホームページ上で公開され、「先行予約の受付を9月に開始する予定」と発表された。

ZR-Vは、「ヴェゼル」と「CR-V」の中間に位置するサイズのSUVだ。「ヴェゼルでは小さすぎるが、CR-Vでは車体も大きいし価格も高い」というニーズに対応する。

パワートレインは、「シビックe:HEV」で登場した2.0リッター直噴エンジン搭載の2モーター式ハイブリッド「スポーツe:HEV」と、1.5リッターターボの非ハイブリッド仕様の2種類で、それぞれにリアルタイムAWDが設定されるという。

「スポーツe:HEV」を搭載することからも、“走りのよさ”を売りの1つとしたクルマであることがわかる。“シビックのSUV”ともいえるクルマだ。

今回、日本向けとしてホームページに掲載されたワインレッドのZR-Vは、これまでに公開されていた仕様とはフロントバンパーやグリルなどのデザインが異なっている。

都会的にアレンジされたエクステリア

グランドコンセプトに「異彩解放」を掲げ、デザインキーワードとして、「グラマラス&エレガント」を挙げている。また、「デザインには、都会にも似合うスマートでエレガントな演出を施しています」との記述もある。

たしかに、これまで公開されていたモデルでは、バンパーグリルやホイールアーチがブラックを仕上げとされ、SUVらしいたくましさが表現されていたのに対し、今回発表された日本仕様はすべてボディ同色コーディネートとし、都会的でスタイリッシュな雰囲気だ。

ホンダが「バーチカル(垂直)グリル」と呼ぶ、前方に突き出すように低めに構えた縦格子のグリルは、マセラティのようでもある。

デザインの特徴であるバーチカルグリル(写真:本田技研工業)

ボディサイズは未発表だが、中国仕様は全長4568mm×全幅1840mm×全高1621mmとされている。ヴェゼルが、全長4330mm×全幅1790mm×全高1580mmで、取り回しがしやすい一方、後席の広さに余裕はなかったから、ファミリーカーとしてちょうどいいサイズといえそうだ。

1840mmという車幅は少々大きいが、トヨタ「カローラクロス」は1825mm、マツダ「CX-5」が1845mmだから、“ヴェゼル以上”でグローバルモデルとするならこのサイズが必要だったのだろう。なお、CR-Vは全長4605mm×全幅1855mm×全高1,680mmだから、背の高さも“ヴェゼル以上、CR-V未満”である。