ホンダは2022年7月21日、同年9月に日本で発売予定の新型「シビック TYPE R」をオンラインで世界初公開した。

「TYPE R」という名は、ホンダにとって唯一無二の称号だ。挑戦の歴史と究極の魂が継承された血統の証である“赤バッジ”が与えられる特別なモデルである。

新型シビック TYPE Rのグランドコンセプトは、先代の「Ultimate SPORT」をさらに進化させ、速さと走る喜びを極めたピュアスポーツ性能を目指した「Ultimate SPORT 2.0」。

スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」の両方を、TYPE Rの真価として進化させたわけだ。ホンダでは、より具体的には「Fastest」「Addicted Feel」「Secure Feel」を標榜する。

「速いだけ」のクルマにならないために

Fastestでは、FF(前輪駆動)最速を目指すため、これまでのTYPE Rを上回るパフォーマンスを目指してTYPE R専用の2.0リッター VTEC ターボエンジンをブラッシュアップ。より高出力・高レスポンスを実現。圧倒的な速さを追求するとともに、運転時におけるあらゆるフィーリングが磨き上げられたという。

Addicted Feelとして、速さを追求するだけでなく運転することに夢中になれることを追求。思い通りに操れるハンドリングや、足裏に吸いつくようなスロットルワークによるドライバビリティーの向上を図った。また、6速MTの操作感とレブマッチシステムを進化させることで、痛快なドライビングフィールが追求されている。

Secure Feelは、走行安定性の向上。前後バランス良いダウンフォースの発生と、空気抵抗の低減により空力性能を高めている。

ホワイトにブラックとレッドが散りばめられたエクステリアはTYPE Rの定石どおり(写真:本田技研工業)

エクステリアデザインは、2021年秋に発売された現行シビック(11代目)をベースに、TYPE Rとして走行性能を高めるため、よりロー・アンド・ワイドなスタイルに。「圧倒的な速さと美しさを兼ね備えたデザイン」を目指したという。

ヘッドライトとグリルの上端が一直線に走るデザインは継承しながら、バンパーのエアインテーク形状が大きく変わって、スッキリした印象になったのが特徴的。

ボディーと一体となったワイドフェンダーが、サイドパネルから流れるような造形となったことにも注目だ。フロントからリアに抜ける空気の流れをコントロールすることで、空力性能が向上しているという。

エクステリアカラーには、TYPE Rの象徴的なカラーであるチャンピオンシップホワイトと、新色のソニックグレー・パールがラインナップされる。