「ようやく出るのか!」

ホンダが2022年8月5日にアナウンスした「フィットRSの復活」について、そう思ったホンダファンやスポーツカー好きも多いだろう。2022年秋に予定されているコンパクトカー「フィット」のマイナーチェンジに合わせ、先代にも設定があったスポーツグレードのRSが再び登場することが正式に発表された。

先代のフィットRSは、2020年のフルモデルチェンジ時に廃止されたので、約2年ぶりの復活となる。とくに先代RSオーナーは、「どんな仕様になるのか?」と注目していることだろう。

そこで、秋に登場する新生フィットRSについて、どんな仕様となり、どれほど期待できるポテンシャルを秘めているのか検証する。ホンダからは、まだ限定的な情報しか公開されておらず、今わかる範囲内となるが、可能な限り新型の素性に迫ってみたい。

スポーツグレード歴代フィットRSの歩み

2代目フィットRS 2代目フィットRSのスタイリング(写真:本田技研工業)

フィットRSは、2007年10月に登場した2代目フィットから設定されたスポーツグレードだ。1.5L・i-VTECエンジンや専用サスペンションなどを搭載し、スポーティな外観デザインも採用。コンパクトな車体を活かした、ワインディングなどでの軽快な乗り味が魅力で、スポーツカー好きを中心に長年支持を受けてきたモデルだ。

3代目フィットRS 3代目フィットRSのスタイリング(写真:本田技研工業)

新型RSのひとつ前、先代の3代目モデルに設定されたRSは2017年に登場し、2020年1月まで販売された。搭載する1.5L・直噴DOHC i-VTECエンジンは、最高出力を1.3Lガソリン車の100ps、1.5Lハイブリッド車の110psに対し、132psに設定。また、前後ダンパー、リアスプリング、ステアリングギアボックスの取り付け部など、各部の剛性を向上させてボディを補強し、しっかり感のあるハンドリング性能を実現したことも特徴だ。