8月22日と翌23日、ファイザーとモデルナがアメリカ食品医薬品局(FDA)に対し、オミクロン株「BA.4」「BA.5」両系統に対応したワクチンの薬事申請を相次いで行った。両社とも従来の新型コロナワクチン(武漢型対応)と混合した2価ワクチンとして、9月の供給を見込んでいる。

日本でも「オミクロン対応2価ワクチン」は、10月中旬以降に接種開始の予定だ。若い人を含む2回以上接種を終えたすべての人が接種対象となる。

だが問題は、そのワクチンは、両社が今回FDAに申請したものと違い、8月初旬に国内で薬事申請されたもの、という点だ。つまり現在、国内外で猛威を振るっている「BA.5」系統ではなく、最も初期のオミクロン「BA.1」系統をベースに設計されている。

このまま「BA.1ワクチン」で接種が行われた場合、はたして十分な効果は得られるのか。一方で、私たちは「BA.5ワクチン」を接種する機会を逃すのだろうか。

「BA.1ワクチン」でも中和抗体価は6倍に上昇

「BA.1ワクチン」でBA.5に対抗できるのか、疑問が生じるのも無理もない。実際、最近の新型コロナの患者さんは、「春頃、おそらくBA.1にかかったのに、また感染した」というケースが少なくないのだ。

BA.5は、BA.1と比べて「免疫回避」が起きやすい。過去の感染やワクチン接種によって獲得した「中和抗体」の攻撃を、ウイルスが実質的にかわしてしまう。第7波が過去最大の爆発的流行となったのは、再感染やワクチン接種者の感染が大幅に増加していることも大きい。