決算書には各社の実績がデータとして開陳されているのみならず、屋台骨となるビジネス戦略や、悲喜こもごものストーリーが隠されています。開示資料の海を泳ぎ、まるで「謎解き」のように企業の戦略を解き明かす「プロの読み方」とは? 

大手町のランダムウォーカー氏の著書『世界一楽しい決算書の読み方[実践編]』から一部抜粋してお届けします。

1回目:東武鉄道がスカイツリーを建設した「納得の理由」(9月8日配信)

飲食店のビジネスモデルを知ろう

今回は、飲食ビジネスを展開する競合同士について、決算資料をもとに「数字を分解して、比較しながら分析する」という観点で見ていきたいと思います。

取り上げるのは、関東を中心に「日高屋」を運営するハイデイ日高と、全国に「餃子の王将」を展開する王将フードサービスです。

両社はいずれも中華料理を軸に運営している会社であり、かつ、コロナ前の2020年3月期決算までは、飲食店の中でも非常に高い利益率を生み出していました。ところが、コロナ禍で片方は赤字に転落し、片方はコロナ禍においても黒字を維持しています。今回は、この黒字を維持した企業はどちらでしょうか、という問題です。2社の経営スタンスの違いがポイントになってきます。

Q コロナ禍でも黒字を維持した会社はどちらでしょう?

出典:『会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方[実践編]』

出典:『会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方[実践編]』