クリスピー・クリーム・ドーナツがコロナを機に好調だ。2022年8月27日には国内最大の店舗面積を有す東京国際フォーラム店をオープン。

新店舗では看板商品の「オリジナル・グレーズド」を店内で製造。その過程をガラス越しに見学できる「ドーナツシアター」を備えるほか、イートインでしか味わえないドーナツスイーツも含む、店舗限定商品を6商品販売するなど、話題性も高い店舗となっている。

2016年には大量閉店するも…

ただ、クリスピー・クリームと言えば2006年の日本上陸以降急拡大するも、2016年に至って大量閉店を行ったチェーンとして記憶している人もあるだろう。

大量閉店から5年あまり経った今、同社にどのような変化があったのだろうか。クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン代表取締役の若月貴子氏に聞いた。なお本記事は新店オープンに先立つメディア発表会での若月氏による説明に、独自取材した内容を加え構成している。

若月氏によると、今日本には「第三次ドーナツブーム」が到来しているという。これは2006年に起きた同社上陸時の第一次、2015年のコンビニドーナツが席巻した第二次に続くトレンドで、ベーカリーによるドーナツ専門店が「生ドーナツ」を流行らせたことがきっかけだそうだ。

生ドーナツの特徴はふんわりとした軽い食感。しかしこの食感においては、クリスピー・クリームのオリジナル・グレーズドも負けてはいないと若月氏は断言する。

「レシピはアメリカで創立してから85年間不変。毎日生地から手作りしており、グレーズドの砂糖もきちんと炊いている。“ふわっ とろっ ペロリッ”という食感は他社に真似できない。この商品は、大量閉店の危機に負けず当社が再成長できた原動力でもある」(若月氏)