ドイツ自動車大手のBMWグループは9月9日、車載電池のグローバルな調達体制を構築するため、電池メーカーと共同で世界に6カ所の工場を新設すると発表した。年間生産能力20GWh(ギガワット時)の工場をヨーロッパに2カ所、中国に2カ所、北アメリカに2カ所、それぞれ設ける計画だ。

BMWグループは「BMW」、「ミニ」、「ロールスロイス」という3つのブランドを展開している。上述の工場は、3ブランドで共用する次世代EV(電気自動車)プラットホームに搭載する電池の供給拠点となる。

注目すべきなのは、6カ所の電池工場のうち4カ所の建設を中国の電池メーカー2社が引き受けることだ。具体的には、寧徳時代新能源科技(CATL)と億緯鋰能(EVEエナジー)が、ヨーロッパと中国にそれぞれ1カ所ずつ建設する。それらの工場の稼働を担保するため、BMWは総額100億ユーロ(約1兆4351億円)を超える調達契約を両社と結んだ。

ミニとロールスロイスを全面EV化

CATLとEVEエナジーのBMW向け工場は、ヨーロッパではどちらもハンガリーのデブレツェン市に建設される。中国での建設地は、現時点ではまだ明らかにされていない。

EVEエナジーは2022年3月、デブレツェン市に土地を購入し、電池工場を建設すると発表していた。8月にはCATLも、ヨーロッパで2カ所目の工場をデブレツェン市に建設し、メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンなどに供給する計画を明らかにした。

実は、BMWグループの次世代EVプラットフォームの工場もデブレツェン市に建設される。この工場には総額10億ユーロ(約1435億円)が投じられ、2025年に完成する予定だ。

本記事は「財新」の提供記事です

BMWグループは、2025年末までに全世界で累計200万台以上のEVの販売を目指している。さらに、2030年までにグループの世界販売台数に占めるEVの比率を半分に引き上げるとともに、ミニとロールスロイスの全車種をEVに移行させる目標を掲げている。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は9月10日

著者:財新 Biz&Tech