2022年8月26日に発売されたスズキの新型「スペーシア ベース」を一目見て、「アウトドアなどの遊びにも使える軽商用バン」だと感じた人は多いだろう。筆者もそのひとりだが、その次に思ったのは、ホンダ「N-VAN(エヌバン)」の派生グレードで、筆者も所有する「+STYLE FUN(プラス・スタイル・ファン)の対抗馬だな」ということ。従来の軽商用バンとは一線を画す、乗用車的でスタイリッシュな外観からも、そうしたことが想起できる。

キャンプなどのアウトドア・レジャーがブームの昨今、軽商用バンで車中泊などを楽しむユーザーも多いが、スペーシア ベースは、まさにそういった「外遊び派」をターゲットにしていることが明白だ。「自分だけの移動基地をつくろう。」といったキャッチフレーズや、荷室を多様にアレンジできる数々の装備などが、それを物語る。

そして、まさに筆者を含めて、外遊びを楽しむ軽自動車ユーザーの多くに支持されているモデルのひとつがN-VAN +STYLE FUN(以下、+STYLE FUN)だ。どこか愛らしい外観を持ちつつも、軽自動車の規格とは思えない荷室の広さや使い勝手の良さなどは、実際に所有する筆者が十分に実感している。

では、実際に新型のスペーシア ベースは、どのようなクルマに仕上がり、ライバルといえる+STYLE FUNと比べて、どういった優位性などを持つのだろうか。ここでは、両モデルの装備や利便性、走りなどを比較することで、それぞれの個性や商品力の違いなどを検証してみたい。

スペーシア ベースのプロフィール

スペーシア ベース GFグレードのリアビュー(写真:スズキ)

スズキから新登場したスペーシア ベースは、全高が1700mmを超え、広い室内空間が人気の軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」シリーズ初の4ナンバー軽商用バンだ。フェイスデザインは、カスタムモデルの「スペーシア カスタム」、リアまわりのデザインは、SUVテイストの「スペーシア ギア」にそっくり。とくに大型のフロントグリルやシャープなデザインのLEDヘッドランプ、バンパー下部にあるLEDフォグランプなどがスペーシア カスタムと同様の迫力ある顔付きを生み出している。