会社員としての収入は手取り24万円。にもかかわらず、節約生活および、アルバイトやYouTubeの副業に打ち込むことでお金を使う暇を自分に与えず、わずか4年半で2000万円貯めたことで話題のくらまさん。会社員として働く傍ら、その節約術や節約マインドをYouTubeで公開し、大きな反響を得ています。

給料が上がらないのに物価はどんどん高くなる今日この頃ですが、一体何から始めればいいのでしょうか? くらまさんの著書『すごい貯蓄 最速で1000万円貯めてFIREも目指せる!』から一部抜粋・再構成してお届けします。

500万円貯蓄までのワナ①世間体を気にして出費してしまう

自分の経験上、だいたい100万円を超えたあとから、500万円を貯めていく中で陥りやすいのが「貯金額が増えたり、減ったりするのを繰り返す」という現象でした。

停滞期に陥れば、成功体験が積み上げられません。モチベーションが下がってきて、だんだん貯蓄や節約が億劫になってきます。そうなると、自然とやらなくなってくる。そして、負のループに陥ることになります。

自分自身の経験や貯金に苦労した人の話を総合していくと、500万円を貯めていく中では、三つのワナに陥りがちです。

一つ目は、「自分の軸が揺らいだりしてしまう(世間体を気にして出費してしまう)」ということです。