2022年10月25日に、リシ・スナク氏が新たなイギリス首相に就任した。8月から3カ月間に、3人が保守党政権で首相の座に就くという異常な事態になっている。ボリス・ジョンソン氏、リズ・トラス氏、そしてスナク氏である。このような短期間に次々と首相が替わることは、イギリス政治ではきわめて異例なことである。また2016年からの6年間で、6人が首相を務めたことになる。イギリス政治に何が起こっているのだろうか。

ロシアのウクライナ侵攻以後、G7の中でもロシアに対してとりわけ厳しい制裁を主張して、またウクライナへの本格的な支援の必要を提唱してきたのが、ジョンソン前々首相とトラス前外相が率いるイギリスであった。

なぜイギリス政治は混乱しているのか

他方で、外交や安全保障の経験が限られ、これまで何度となく中国に対して宥和的な発言をしてきたスナク氏の首相就任に対して、ウクライナ支援の基本方針が変化するのではないかという懸念も見られる。

そもそもこれだけ頻繁にイギリスの首相が交代するのには、どのような要因が考えられるのだろうか。

第1の要因は、ブレグジットである。2016年6月23日の国民投票によるイギリスのEU(欧州連合)からの離脱の決定は、6年が経過した現在に至っても、イギリス政治に不安定性と不透明性を与え続けている。ジョンソン首相は、2019年7月の首相就任以降、「ブレグジットを実現しよう(Get Brexit Done)」をスローガンに掲げて、2020年12月31日にEUからの完全離脱を実現した。

ところがイギリス政府はその後、北アイルランドをめぐるEUとの協定を反故にする意向を示唆して、現在に至るまでEUとの関係を徹底的に悪化させた。さらには、ブレグジットに端を発するイギリスでの労働力の不足が、経済成長の足枷となって、ブレーキを踏む結果となっている。

第2の要因として、コロナ政策におけるイギリス政府の混乱が原因となっている。ジョンソン首相は初期の段階で、コロナ禍をあまり深刻な問題とは捉えずに、必要な措置を執らずに放置した。さらにはジョンソン首相ら政権の中心人物が、ロックダウン中に首相官邸でパーティーを複数回にわたって開催し、この違法行為が「パーティーゲート事件」と呼ばれ、政治不信を加速させた。