ロサンゼルスオートショー2022(LAショー)でSUBARU(スバル)新型「インプレッサ」の世界初公開が予告され、スバルオブアメリカのティザーサイトでフロントグリルなどの一部デザインが公開され、注目を集めていた。

そして、ついに現地時間2022年11月17日(日本時間:11月18日)のワールドプレミアイベントで、第6世代の新型インプレッサが世界初公開となった。

LAショーで発表された新型インプレッサの概要

スタイリング 北米で発表された新型インプレッサのスタイリング(写真:Subaru of America)

第6世代にあたる、まったく新しいグローバルモデルの新型インプレッサ。今回LAショーで発表されたのは、アメリカ市場で2024年モデルとして販売される。標準モデルとスポーツモデルに加え、スポーツグレードとなるRSモデルが公開されたのだ。

エンブレム RSモデルのエンブレム(写真:Subaru of America)

インプレッサと言えば、WRC(FIA世界ラリー選手権)で駆ける姿が脳裏に残っているスバルファンも多いだろう。コリン・マクレーが操るインプレッサWRXのクレイジーな走りに魅了された読者もいるはずだ。そんな伝説のスバルWRXの血統を感じさせるRSモデルの登場にはスバルファンの期待が集まりそうだ。

まず、標準モデルおよびスポーツモデルに搭載されている水平対向4気筒2.0L直噴エンジンは、最大出力152PS(馬力)、最大トルク145lb.-ft(約20kgf・m)を発揮。そしてRSモデルには、最大出力182PS、178lb.-ft(約24.6 kgf・m)の水平対向4気筒2.5L直噴エンジンを搭載する。

トランスミッションは、全モデルでリアルトロニックCVT(無断変速機)を標準装備。スポーツモデルおよびRSモデルには、パドルシフターを備えた8速マニュアルモード付きとなり、複数のドライブモードを備えるとアナウンスされている。