海外における日立製作所の快進撃が止まらない。11月のわずか1カ月間だけで世界各国で5件もの大型案件の受注が発表された。

まず11月4日、イタリアでミラノ地下鉄向け車両を受注したと発表した。最大で46編成(276両)の車両を納入する、最大3億6800万ユーロ(約534億円、1ユーロ=145円で計算)の包括契約をミラノ交通公社と締結。この契約に基づき、第1弾としてミラノ地下鉄1号線向けに21編成(126両)を1億6800万ユーロ(約244億円)で受注した。

先頭車両から最後尾の車両まで視界が遮られることなく車内を見渡すことができるようにデザインされ、監視カメラの映像をリアルタイムで指令室に伝送することで車内の安全性を向上させる。アルミ製の車体外装には落書き対策も施される。2024年春から順次営業運転を開始する予定だ。

フィリピンやカナダでも

11月17日には、フィリピンで通勤鉄道線向けの鉄道システムを受注したと発表した。マニラ首都圏と周辺都市を南北に結ぶ南北通勤鉄道147km事業のうち、ソリス―マロロス間約35kmにおいて鉄道システムを提供する契約をフィリピン運輸省と結んだ。フィリピンペソ、米ドル、円など複数通貨による契約で総額は約1140億円。この案件には車両製造を除く、信号システム、電化・通信システム、車両基地用機器、料金徴収システム、軌道工事が含まれる。ちなみに、車両製造を受注したのはJR東日本系の総合車両製作所と住友商事。304両を製造する。契約金額は約725億円である。

同じく17日、カナダのオンタリオ州では、日立がリーダーとして組成されたコンソーシアムが地下鉄オンタリオ線向け車両、鉄道システムの納入および30年間の運行・保守を90億カナダドル(約9500億円、1カナダドル=105円で計算)で受注したと発表された。完全自動運転(GoA4レベル)で最新の無線式列車制御システム(CBTC)を導入し、最短90秒間隔で運転する計画。運行開始後は列車の待ち時間を大幅に減らすことができる。