小鵬汽車の財務担当副総裁(副社長に相当)を務める呉佳銘氏によれば、製品ラインナップの刷新や販売台数の増加に伴い、同社のキャッシュフローは2023年後半に徐々に改善される見通しだという。7〜9月期はG3iの負の影響がまだ残るものの、10〜12月期には粗利率はプラスに転じるとしている。

VWからの出資を受け入れた小鵬汽車は、同社の大型SUV「G9」をベースにVWブランドのEVを共同開発する(小鵬汽車のウェブサイトより)

2023年6月末時点で、小鵬汽車の現預金などの残高は337億4000万元(約6745億円)と、2022年末時点に比べて13.37%減少した。とはいえ、小鵬汽車は7月26日にドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)と技術協力に関する枠組み協定に合意し、VWから7億ドル(約1018億円)の現金出資を取り付けており、手元資金は十分とみられる。

7〜9月期は3割増収見込む

小鵬汽車は2023年7〜9月期の業績について、EVの販売台数は前年同期比31.9〜38.7%増の3万9000〜4万1000台、売上高は同24.6〜31.9%増の85億〜90億元(約1699億〜1799億円)との予想値を示した。これを達成できるかどうかは、新型SUVのG6の販売動向にかかっている。

本記事は「財新」の提供記事です

「現時点で販売の足を引っ張る要素があるとすれば、(半導体など)スマート化関連部品の不足だ。とはいえ生産能力の拡大とともに、G6の月間納車台数は9月には1万5000台を超え、10〜12月期には2万台を突破するとみている」

小鵬汽車の創業トップの何小鵬董事長(会長に相当)は決算説明会で、今後の業績改善に自信を見せた。

(財新記者:謝韞力、戚展寧)
※原文の配信は8月19日

著者:財新 Biz&Tech