ホンダの新型「N-BOX」が、まもなく発売される。デザインなどの概要は8月に公開されており、SNSではディーラーからの得られた情報が散見されていたから、満を持しての発売だ。

N-BOXといえば、日本の自動車市場の一大カテゴリーとしてすっかり定着した軽スーパーハイトワゴンの代表格であり、今“日本で最も売れているクルマ”である。

具体的にどれだけ売れてきたかを見てみると、軽4輪車新車販売台数では8年連続の1位。普通車(登録車)を含めたランキングでも、2017〜2020年、2022年にナンバーワンとなっている。

またその中身も他の追随を許さず、2022年4月〜2023年3月の新車販売台数を見てみると、1位のN-BOXが20.4万台なのに対し、2位のダイハツ「タント」は12.3万台、3位のスズキ「スペーシア」は11.0万台と、大差での1位なのだ。

スペーシアのカスタムモデル。スペーシアもモデルチェンジが近いと言われる(写真:スズキ) スペーシアのカスタムモデル。スペーシアもモデルチェンジが近いと言われる(写真:スズキ)

では、なぜ“日本で最も売れているクルマ”になったのだろうか。2017年発売の2代目N-BOXと、軽スーパーハイトワゴンのタント、スペーシア、日産「ルークス」の購入者データを比較・分析してみた。

分析データは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」を使用。購入時の比較環境やトレンドの影響を揃えるため、以前紹介した「人気の『スーパーハイトワゴン』購入者の実態」に合わせて、分析対象はすべて2020年3月以降購入者とする。加えてインテージの自主調査データも活用し、別の角度からも分析した。

<分析対象数>
■ホンダ「N-BOX」:4814名(標準車2239名/カスタム2575名)
■ダイハツ「タント」:2646名(標準車1121名/カスタム1395名/ファンクロス130名)
■スズキ「スペーシア」:2040名(標準車771名/カスタム749名/ギア479名/ベース41名)
■日産「ルークス」:1558名(標準698名/ハイウェイスター860名)
※いずれも分析対象は新車購入者のみとする。()内はモデル内訳。

他のクルマを比較したか?

はじめに、今回のクルマを購入した際に「他のクルマを比較検討したか」を見てみよう。「比較が少ない=指名買い」であり、そのクルマが欲しい気持ちが強かったことを表している。