中国の車載電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)の成長が急減速している。10月19日に発表した2023年7〜9月期決算は、売上高が前年同期比8.3%増の1054億3000万元(約2兆1589億円)、純利益は同10.7%増の104億3000万元(約2136億円)にとどまった。

CATLが7月に発表した2023年1〜6月の上半期決算では、売上高は1892億5000万元(約3兆8752億円)と前年同期比67.5%増加。純利益は207億2000万元(約4243億円)と同2.5倍に膨らんでいただけに、7〜9月期の業績は伸び悩みが顕著だ。

足元の中国市場でシェア低下

CATLは車載電池の出荷量で依然、世界首位を独走している。だが「主戦場」である中国国内市場では、ここにきて苦戦が目立ち始めている。

車載電池の業界団体のデータによれば、2023年9月におけるCATLの車載電池の国内市場シェアは39.4%と、初めて40%の大台を割り込んだ。また、(蓄電システム向け電池など)車載電池以外を含んだ電池の市場シェアでも、1〜9月は42.8%に後退した。

なお、7〜9月期に関しては、CATLの最大顧客であるテスラのEV(電気自動車)の生産・販売台数が直前4〜6月期より減少したことも、CATLの業績に短期的影響を与えたとみられている。