最近の自動車市場ではセダンの人気が下がり、各メーカーとも車種を減らしている。三菱のようにセダンを扱わなくなったメーカーもあるが、直近でセダンの廃止が著しいのは日産だ。

コンパクトクラスでは、トヨタ「カローラ」のライバルだった「サニー」、その後継に位置付けられた「ティーダラティオ」や「ラティオ」、ヨーロッパ車のような雰囲気の「パルサーセダン」などが用意されたが、今ではすべて廃止されている。

ミドルサイズでは、伝統の「ブルーバード」とその後継車種になる「シルフィ」、優れた走行安定性でクルマ好きに人気の高かった「プリメーラ」などが過去のクルマになった。

Lサイズでは、「セドリック/グロリア」とその後継の「フーガ」、Lサイズの割に価格が比較的求めやすかった「ローレル」と「ティアナ」、高級セダンの「シーマ」やVIPモデルの「プレジデント」が廃止されて久しい。

2020年に生産終了となったティアナ(写真:日産自動車) 2020年に生産終了となったティアナ(写真:日産自動車)

その結果、日産で現存するセダンは「スカイライン」のみとなった。

販売台数は月平均174台も仕方なし

そのスカイラインも、マイナーチェンジを行うたびにパワートレーンのバリエーションを縮小。現在はハイブリッドも廃止され、V型6気筒3.0リッターツインターボのみとなっている。

また、以前のスカイラインハイブリッドには、ステアリングホイールから手を離しても運転支援を受けられる「プロパイロット2.0」が搭載されたが、ハイブリッドと併せて廃止された。現行型に装着されるのは、ベーシックなインテリジェントクルーズコントロールだ。

スカイラインとして13代目となる現行型は、2013年のデビュー(写真:日産自動車) スカイラインとして13代目となる現行型は、2013年のデビュー(写真:日産自動車)

衝突被害軽減ブレーキの「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」も旧タイプのままで4輪車しか検知できず、歩行者や自転車には非対応。450万円を超える高価格車にもかかわらず、衝突被害軽減ブレーキの性能は軽自動車の「デイズ」を下まわる。

これでは好調に売るのも難しく、2023年の1カ月平均登録台数は174台にすぎない。