喫茶店やレストランが、朝の時間帯にドリンクやトーストなどのメニューを割安価格で提供するモーニングサービス。名古屋の喫茶店が始めた文化とされていますが、最近では大手外食チェーンも数多く提供しています。

そんなチェーン店の外食モーニングをこよなく愛するブロガー、大木奈ハル子さんがお届けする本連載。第50回となる記念すべき今回、訪れたのは「ホテルニューオータニ(東京)」です。

本連載は毎週土曜日配信です。著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます(著者フォローは記事の最後か、著者のプロフィールページからできます)。

この連載の記事一覧はこちら

ファストフードに牛丼チェーンにファミリーレストラン。カフェに焼肉に立ち食い蕎麦にドーナツショップ。飲食チェーンが密かにしのぎを削っているジャンル、それが朝メニュー、いわゆる「モーニング」です。

「チェーン店最強のモーニングを探して」と題して連載してきた当コラムですが、ついにめでたく50回を迎えました。なるべく身近だったり、お得だったりするモーニングメニューを紹介してきましたが、今回は50回を記念して、ちょっと贅沢に老舗ホテルチェーン「ホテルニューオータニ」のモーニングをご紹介します。なんとその名も「新・最強の朝食」です。

ホテルニューオータニのモーニング「新・最強の朝食」

ホテルニューオータニ東京でモーニングビュッフェを提供しているのは3店舗。「新・最強の朝食」はSATSUKIのみの提供です(筆者撮影)

今回訪れたのは東京都千代田区にある「ホテルニューオータニ(東京)」のレストラン「SATSUKI(サツキ)」です。「帝国ホテル」「ホテルオークラ」と共に御三家と称される老舗ホテルで、東京オリンピックが開催された1964年に開業しました。

「ニューオータニ」の名を冠する系列ホテルは14ありますが、朝食メニューを「新・最強の朝食」と銘打っているのは東京のみです。