スズキが軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」と「スペーシアカスタム」をモデルチェンジし、3代目となる新型モデルを2023年11月22日に発売することを発表した。

ここ数年、軽四輪車の新車販売台数でつねにトップ3に入るほどの人気を誇るのが、スペーシア・シリーズ。その新型モデルでは、先代モデルが持つ広い室内はもちろん、外観イメージや使い勝手がいい装備などを継承しつつ、より快適性や利便性を向上させていることがポイントだ。

注目は軽自動車では珍しいオットマン

オットマン機構を備えたマルチユースフラップ オットマン機構を備えたマルチユースフラップ(写真:スズキ)

とくに2列目シートへ新採用した「マルチユースフラップ」は、軽自動車では珍しい「オットマン機構」も持つことが注目点。停車時に乗員が足を伸ばすことができるミニバン並みの新装備により、室内をより心地よく過ごせる空間として演出している。

当記事では、そんな新型スペーシア・シリーズの主な特徴や商品性などについて紹介する。なお、今回は、発売直前に開催された「ジャパンモビリティショー2023(2023年10月28日〜11月5日、東京ビッグサイト)」で、ほぼ市販モデルと同等といえるコンセプトカーも取材してきたので、その内容なども交えながらお伝えしよう。